コーヒー豆の調達

オールプレスは長い時間をかけて産地のパートナーと信頼関係を築き、高品質でエシカル、そしてトレーサビリティに配慮されたコーヒー豆を仕入れています。

スペシャルティグレードのコーヒー

2001年、私たちは当時流通していた豆の質に満足することができず、産地からのダイレクトソーシングを始めました。直接取引することで、サプライチェーンをしっかりとコントロールしつつ、買い付けるコーヒー豆に対して私たちがより深く関わることができると考えたためです。
現在、オールプレスで調達するコーヒー豆の100%が、SCAスケールで最低83点以上を獲得しているコーヒー豆です。産地から調達することで、私たちのブレンドのフレーバーにマッチしたコーヒー豆を優先的に入手することができます。

産地との信頼関係

私たちが産地のパートナーから継続的にコーヒー豆を調達する理由は2つあります。生産者は毎年安定した収入があることで、次の収穫までの資金を確保し、さらなる投資をしながらコーヒー豆の品質を向上させることができます。オールプレスにとっては、一貫した風味や品質を保つことにつながります。様々なパートナーと15年以上にわたり築き上げてきた信頼関係は、私たちが誇る財産です。

トレーサビリティに配慮

私たちはエシカルな生産者や輸入業者のみを通して、コーヒー豆を調達しています(パートナーリストはこちら)。サプライチェーン各所との関係性を強化するため、定期的に産地のパートナーを訪ねています。環境保全や社会・経済的な取り組みがどのように行われているかを現地で視察し、パートナーと協力して現地にポジティブな影響を与えることのできるプロジェクトを支援しています。

オールプレスがどのようにコーヒーを調達しているか、さらに詳しく知りたい方はコーヒー豆の調達に関するFAQも読んでみてくださいね。