オールプレスの風味へのこだわり

目指すのは、オールプレスにしか作り出せない風味。これが私たちがコーヒー豆を焙煎する理由です。オールプレスは世界中のカフェから信頼されているスペシャルティコーヒーロースターです。

80年代に小さなカートで誕生したオールプレスのコーヒーは、今では世界中の人々にとって朝の一杯に欠かせないものとなりました。この特別な風味は偶然生まれたものではありません。創業から30年以上をかけ、生豆の調達からブレンディング、そして焙煎へのこだわりによって生み出されました。

コーヒー豆の調達 

私たちは長い時間をかけて信頼関係を築き、生産者と直接取引をしています。農園の人々と実際に話していて感じるのは、彼らが誇りを持ってスペシャルティコーヒーを育てているということです。 

豆の調達で大事にしているのは風味や品質だけではありません。サステイナブルかつエシカルな方法で生産されたコーヒーであるというのも、私たちが大事にしている点です。オールプレスでは高品質な豆を作る小規模の農園が適正な利益を得られるよう、十分な対価を支払うことを約束します。彼らがこれからもずっと素晴らしいコーヒー豆を生産できることが大切だと考えているためです。 

オールプレスの風味に欠かせない熱風式焙煎 

創業時から風味にこだわり続け、クリーンでムラのない熱風式焙煎にたどりついてからは、すべてのコーヒー豆をこの方式でローストしています。熱風で焙煎されるため焦げや汚染のリスクなく、豆本来のもつ特徴や甘みが引きだされ、絶妙な風味が生み出されます。

ブレンディングの技術 

オールプレスのブレンドはどれも、甘みやバランスの良さを考えてデザインされています。定番ブレンドは日本では常時4種類ローストしており、安定してどんな好みにも合うよう作られています。ブレンド以外では期間限定で変わるシングルオリジンコーヒーを「Our Coffee Galaxy」と名付け、季節ごとにローストしています。 

クオリティ管理や新しい風味の開発

コーヒーの生産は、気候をはじめとする様々な外的要因から大きな影響を受けます。そんな中で私たちは安定した品質のコーヒーをみなさんにお届けするため、ブレンド構成の見直しや、フレッシュな風味を保つためのパッケージの開発など、様々な調整を日々行なっています。 

また、オールプレスらしい安定したコーヒーを目指しつつも、新しい風味や製品の開発も続けています。

バリスタトレーニングやマシンサポート 

安定した一杯を抽出するためには、コーヒー豆の品質だけでなくバリスタのスキルやマシンメンテナンスも欠かせません。オールプレスでは社内のスタッフやパートナーカフェのみなさまに、バリスタトレーニングを行なっています。コーヒーやマシンに関する知識がさらに深まり、最高の一杯を抽出することにつながります。 

フレッシュな風味をお届け 

パートナーカフェやご家庭でもオールプレスの風味を変わらずご提供できるよう、東京・清澄白河のロースタリーで毎日コーヒー豆を焙煎し、常にフレッシュな状態でお届けしています。風味へのこだわりは私たちからみなさんへの最も大切な約束。フレッシュな豆を使用することが、美味しいエスプレッソを抽出する上で必要不可欠な条件です。オールプレスは東京、ダニーデン、シドニー、メルボルン、ロンドンにロースタリーを構え、世界中のパートナーカフェをサポートしています。 

私たちが第一に考えているのはコーヒーの風味。人々がまた足を運びたくなるような場所を作るためには、最高の一杯が欠かせないと私たちは考えています。 

お問い合わせはこちら